西島悠也|天才達の意外な発想法について

西島悠也|歴代の天才達に共通する発想法

西島悠也の天才達に関する新発見

西島悠也|歴代の天才達に共通する発想法

 

歴史を振り返ってみると、現代に精通している様々なものを生み出した天才的な偉人たちが存在しています。

 

また、現代においてもやはり「天才」と呼ばれる人はたくさんいますよね。

 

では彼らは一般人とどこが違うのでしょうか、天才たちの特徴を探っていきます。

 

● 固定概念に縛られない

 

人は大人になるに連れてどんどん常識にとらわれ、豊かな発想が出来なくなっていくものです。

 

しかし天才たちは、固定概念にとらわれることなく、いつまでも子どもの頃のような豊かな想像力で物を考えることが出来るのです。

 

 

● 独創的な考え方

 

天才と馬鹿は紙一重とよく言います。

 

では双方にどんな違いがあるのか、馬鹿と言われる人は時に誰も考えられないような独創的な考えを持つことが出来ます。

 

しかし、それを何かに活かそうとか、もっと極めようということが出来ません。

 

そこまで出来る人が天才と言われるのです。

 

 

● 継続できる

 

天才と呼ばれる人たちは、自分の納得がいくところまでずっと続けることが出来ます。

 

一般的な人なら、ここがゴールだと決められているところまでたどり着けば、こんなものでいいだろうと中断します。

 

しかし、他人が決めたゴールではなく、自分が決めたゴールまでたどり着かなければ決して中断しないのが天才と呼ばれる人たちなのです。

 

 

 

さて、あなたの周りにもこんな人はいるでしょうか?

 

もし思い当たる人がいるなら、その人は将来、恐るべき天才として世に名を轟かせるかもしれませんよ。

 
 
ホーム RSS購読 サイトマップ